スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられない幻

{AB2C5FA6-F3AB-4C54-BB03-9F68B1E21036:01}


念願の映画鑑賞第2弾は、うぅう…やっとやっと観れたよ「ヴァージンスーサイズ」
美しい…「SAMEWHERE」といい、少女の儚さをここまで繊細に映せるとは…すげぇよ
もうその一言に尽きます 語彙力ない

今まで見てきたコッポラ作品で印象的だったのが「SAMEWHERE」と「ロスト・イン・トランスレーション」だったので、
それに比べると「ヴァージンスーサイズ」は序破急がはっきりしてるなぁというのが第一印象



{B2589606-F9FF-4D61-975D-5E4F3056354B:01}


ガーリーといえば「ヴァージンスーサイズ」の名前が挙がってくるくらい有名な映画ですが、ただガーリーなだけじゃないのがこの作品
タイトルの通り、彼女たちが何故自ら逝ったのか、思春期の女の子じゃないから周りの大人や少年たちには分からないのです


{76135CB5-DB26-4EF0-9CE6-3BECC3EFBB33:01}


閉鎖的で廃虚的な空気の漂う街
娘を守ろうとしてるけど、何もかもを守れてない親
笑っているけど何も見えないし、本当は生きたい姉妹たち

理由なき問題を抱えた私たちですよ
そんな世界から消えた5人姉妹の姿は終始幻を見ているようでした




{B8CD6C2B-43D9-465D-9DFF-7C1048C35209:01}


話は逸れますが、やっぱりソフィア・コッポラ監督の作品はインテリアが素敵すぎる!!!
海外ティーンの部屋ってなんでごっちゃりしてるのに可愛いんだろう
オタク部屋もいいけどこんな部屋にも住みたいです( ◠‿◠ )何もかも遅い感じします




{6CFE4247-D76D-4E5A-B788-AC5A1D88320C:01}




〓ほのか〓
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。